大観通宝
大観通宝
正様
(御書(ギョショ))
北宋八代 徽宗
大観元年(1107年)始鋳
「古泉大全 丙集」七

「北宋銅銭 3123番」七
御書短通

穴の細道509B番 2

御書大観 小平銭

御書大観、うねり大観、
引通し大観を、
「三種の神器」と
呼称している。

大観通宝
平濶
北宋八代 徽宗
大観元年(1107年)始鋳

「古泉大全 丙集」八

「北宋銅銭 3136番」七
寛観
大観通宝
右昂(退大右昂)
北宋八代 徽宗
大観元年(1107年)始鋳

「古泉大全 丙集」八

「北宋銅銭 3135番」七
退大昂宝

穴の細道512B番 3
退大
大観通宝
右昂小様
(御書退大)

北宋八代 徽宗
大観元年(1107年)始鋳

「古泉大全 丙集」八

「北宋銅銭 3134番」七
退大
大観通宝
垂尾狭穿
(うねり狭穿)
北宋八代 徽宗
大観元年(1107年)始鋳

「古泉大全 丙集」三

「北宋銅銭 3148番」六
斜通狭穿

穴の細道511番 1
ウネリ大観
大観通宝
垂尾広穿
(うねり広穿)
北宋八代 徽宗
大観元年(1107年)始鋳

「古泉大全 丙集」四

「北宋銅銭 3147番」
斜通

穴の細道511番
ウネリ大観
大観通宝
広草冠(引通し)

北宋八代 徽宗
大観元年(1107年)始鋳

「古泉大全 丙集」七

「北宋銅銭 3138番」七
広草観

穴の細道510番 2
引通しの大観
大観通宝
広草冠肥字
北宋八代 徽宗
大観元年(1107年)始鋳

「古泉大全 丙集」七

「北宋銅銭 3125番」六
肥字広草観
大観通宝
昂通大字
北宋八代 徽宗
大観元年(1107年)始鋳

「古泉大全 丙集」八

「北宋銅銭 3126番」七
大字昂通


穴の細道512A番 3
昂通大字
大観通宝
昂通小字
北宋八代 徽宗
大観元年(1107年)始鋳

「古泉大全 丙集」九

「北宋銅銭 3142番」十
狭宝小字
大観通宝
寛字
北宋八代 徽宗
大観元年(1107年)始鋳

「古泉大全 丙集」七


「北宋銅銭 3159番」七
狭宝寛字
大観通宝
降通
北宋八代 徽宗
大観元年(1107年)始鋳

「古泉大全 丙集」十

「北宋銅銭 3142番」十
降通
大観通宝
広穿(短尾大)
北宋八代 徽宗
大観元年(1107年)始鋳

「古泉大全 丙集」十

「北宋銅銭 3131番」十
短尾大寄郭
大観通宝
小通垂尾
北宋八代 徽宗
大観元年(1107年)始鋳

「古泉大全 丙集」九

「北宋銅銭 3158番」七
狭宝
大観通宝
俯大
北宋八代 徽宗
大観元年(1107年)始鋳

「古泉大全 丙集」譜外

「北宋銅銭 3133番」六
俯大

「大観通宝 分類譜」
谷 巧二 編に掲載あり
大観通宝
平頭通
北宋八代 徽宗
大観元年(1107年)始鋳

「古泉大全 丙集」九位
であるが、大観通宝
では稀少である。

「北宋銅銭 3150番」五
平頭通
大観通宝
俯観
北宋八代 徽宗
大観元年(1107年)始鋳

「古泉大全 丙集」八

「北宋銅銭 3140番」七
俯観
大観通宝
小観
北宋八代 徽宗
大観元年(1107年)始鋳

「古泉大全 丙集」九

「北宋銅銭 3137番」八
小観
大観通宝
狭穿広大
北宋八代 徽宗
大観元年(1107年)始鋳

「古泉大全 丙集」七

「北宋銅銭 3164番」四
狭穿広大
大観通宝
濶縁
北宋八代 徽宗
大観元年(1107年)始鋳

「古泉大全 丙集」七
通字が降通で、濶縁。

「北宋銅銭 3144番」七
降通濶縁

穴の細道513番 珍
濶縁の大観
大観通宝
濶大
北宋八代 徽宗
大観元年(1107年)始鋳

「古泉大全 丙集」譜外

「北宋銅銭 3129番」五
濶大

「大観通宝 分類譜」
谷 巧二 編に掲載あり。

大観通宝
では稀少である。
大観通宝
細字 欠サ観
北宋八代 徽宗
大観元年(1107年)始鋳

「古泉大全 丙集」譜外

「北宋銅銭 3139番」六
欠草観

「大観通宝 分類譜」
谷 巧二 編に掲載あり。

観字の草冠の横画の
左側が陰起する。
大観通宝
昂通小字濶縁
北宋八代 徽宗
大観元年(1107年)始鋳

「古泉大全 丙集」譜外
「大観通宝 分類譜」
谷 巧二 編 に掲載あり。

通字が昂通で、濶縁。
大観通宝
行書 鉄銭
北宋八代 徽宗
大観元年(1107年)始鋳

「古泉大全 丙集」譜外
「昭和泉譜 第三巻」
鐵鑄大觀 行書

「両宋鉄銭 697号」三上
行書

「中國錢幣大辭典
宋遼西夏金編 北宋巻」
鐵大觀通寶
小平銭・行書狭通

関連: 穴の細道516番
に記載の「草書の大観」の
通用銭(鉄銭)
大観通宝
折二 面
北宋八代 徽宗
大観元年(1107年)始鋳

「古泉大全 丙集」參
(三の意味)

「北宋銅銭 3167番」五
降通

穴の細道514番A 3


外径   29.9mm
至輪径  26.8mm
厚さ    2.0mm
重量     6.6g
大観通宝
折二 背
北宋八代 徽宗
大観元年(1107年)始鋳

「古泉大全 丙集」參
(三の意味)

「北宋銅銭 3167番」五
降通


穴の細道514A番 3
折二銭
大観通宝
当三 面
北宋八代 徽宗
大観元年(1107年)始鋳

「古泉大全 丙集」肄
(四の意味)


「北宋銅銭 3185番」六
短通細縁

外径   34.4mm
至輪径  30.6mm
厚さ    3.2mm
重量    13.2g
大観通宝
当三 背
北宋八代 徽宗
大観元年(1107年)始鋳

「古泉大全 丙集」肄
(四の意味)

「北宋銅銭 3185番」六
短通細縁
大観通宝
当三 短通狭観 面
北宋八代 徽宗
大観元年(1107年)始鋳

「北宋銅銭 3186番」五


当初は当五と記載して
いたが、
「収集」2008年6月号の記事
「大観通寶の当五と当三」
の指摘を読んで、本銭は
当三と訂正しました。
平成20年5月21日記載。

外径   34.1mm
至輪径  30.4mm
厚さ    2.8mm
重量     10.6g
大観通宝
当三 短通狭観 背
北宋八代 徽宗
大観元年(1107年)始鋳

「北宋銅銭 3186番」五
大観通宝
当三 鉄銭 面
北宋八代 徽宗
大観年間(1107
〜1110年)

「古泉大全 丙集」肄
(四の意味)


「両宋鉄銭 702号」五上
当三 正字広大 真書


外径   32.6mm
至輪径  28.0mm
厚さ    2.8mm
重量      9.5g


今見有小平、折二、当十様
鉄銭、
鋳於徽宗大観年間(1107
〜1110年)

大観年間当二夾錫鉄銭
推行的高峰期。幾遍及全国。

出土於陝西、甘粛、四川、
河南、山東、江蘇、等地。
大観通宝
当三 鉄銭 背
北宋八代 徽宗
大観年間(1107
〜1110年)

「古泉大全 丙集」肄
(四の意味)

「両宋鉄銭 702号」五上
折二 正字広大

「中國錢幣大辭典
宋遼西夏金編 北宋巻」
鐵大觀通寶・折二・
楷書正字・
正字濶大

穴の細道514B番 1
当三鉄銭」
大観通宝
当三 鉄銭 面
北宋八代 徽宗
大観年間(1107
〜1110年)

「両宋鉄銭 703号」五下
正字狭大


外径   30.7mm
至輪径  25.6mm
厚さ    2.8mm
重量      9.8g
大観通宝
当三 鉄銭 背
北宋八代 徽宗
大観年間(1107
〜1110年)

「両宋鉄銭 703号」五下
正字狭大


「中國錢幣大辭典
宋遼西夏金編 北宋巻」
鐵大觀通寶・折二・
楷書正字・
正字小様
大観通宝
当三 鉄銭 面
北宋八代 徽宗
大観年間(1107
〜1110年)

「両宋鉄銭 705号」五下
正字退大


外径   31.1mm
至輪径  27.0mm
厚さ    2.7mm
重量      9.6g
大観通宝
当三 鉄銭 背
北宋八代 徽宗
大観年間(1107
〜1110年)

「両宋鉄銭 705号」五下
正字退大
大観通宝
当三 鉄銭 面
北宋八代 徽宗
大観年間(1107
〜1110年)

「両宋鉄銭 707号」五下
正字狭観


外径   31.5mm
至輪径  26.3mm
厚さ    2.9mm
重量      9.8g
大観通宝
当三 鉄銭 背
北宋八代 徽宗
大観年間(1107
〜1110年)

「両宋鉄銭 707号」五下
正字狭観


「中國錢幣大辭典
宋遼西夏金編 北宋巻」
鐵大觀通寶・折二・
楷書正字・
正字狭観
大観通宝
当三 鉄銭 面
北宋八代 徽宗
大観年間(1107
〜1110年)

「両宋鉄銭 716号」五下
当三 正字俯通隔輪 真書


外径   32.7mm
至輪径  28.3mm
厚さ    3.2mm
重量     11.4g
大観通宝
当三 鉄銭 背
北宋八代 徽宗
大観年間(1107
〜1110年)

「両宋鉄銭 716号」五下
当三 正字俯通隔輪
真書 背

「中國錢幣大辭典
宋遼西夏金編 北宋巻」
鐵大觀通寶・折二・
楷書正字・
正字隔輪
大観通宝
当三 鉄銭 面
正観狭宝

北宋八代 徽宗
大観年間(1107
〜1110年)

「両宋鉄銭 747号」五下

外径   32.6mm
至輪径  28.5mm
厚さ    2.7mm
重量     10.8g
大観通宝
当三 鉄銭 背
正観狭宝

北宋八代 徽宗
大観年間(1107
〜1110年)

「両宋鉄銭 747号」五下

「中國錢幣大辭典
宋遼西夏金編 北宋巻」
鐵大觀通寶・折二・
楷書正観・
正観狭寶
大観通宝
当三 鉄銭 面
濶観短通

北宋八代 徽宗
大観年間(1107
〜1110年)

「両宋鉄銭 750号」五下

外径   30.1mm
至輪径  26.4mm
厚さ    2.7mm
重量      9.2g
大観通宝
当三 鉄銭 背
濶観短通

北宋八代 徽宗
大観年間(1107
〜1110年)

「両宋鉄銭 750号」五下

「中國錢幣大辭典
宋遼西夏金編 北宋巻」
鐵大觀通寶・折二・
楷書濶観・
濶観短寶
大観通宝
当三 鉄銭 面
狭観
北宋八代 徽宗
大観年間(1107
〜1110年)


「両宋鉄銭 751号」五上

外径   32.2mm
至輪径  27.7mm
厚さ    3.3mm
重量    11.6g
大観通宝
当三 鉄銭 背
狭観
北宋八代 徽宗
大観年間(1107
〜1110年)


「両宋鉄銭 751号」五上

「中國錢幣大辭典
宋遼西夏金編 北宋巻」
鐵大觀通寶・折二・
楷書狭観
大観通宝
当三 鉄銭 面
正通降宝
北宋八代 徽宗
大観年間(1107
〜1110年)


「両宋鉄銭 未載」五下

外径   31.6mm
至輪径  27.0mm
厚さ    2.8mm
重量     9.2g
大観通宝
当三 鉄銭 背
正通降宝
北宋八代 徽宗
大観年間(1107
〜1110年)


「北宋銅銭 3173番」に
鉄母正通降宝 「二位」の
掲載がある。

「中國錢幣大辭典
宋遼西夏金編 北宋巻」
鐵大觀通寶・折二・
楷書正通・
正通降寶
大観通宝
当三 鉄銭 面
短通進観
北宋八代 徽宗
大観年間(1107
〜1110年)


「両宋鉄銭 765号」五下

外径   33.0mm
至輪径  28.6mm
厚さ    3.0mm
重量     12.2g
大観通宝
当三 鉄銭 背
短通進観
北宋八代 徽宗
大観年間(1107
〜1110年)


「両宋鉄銭 765号」五下

「中國錢幣大辭典
宋遼西夏金編 北宋巻」
鐵大觀通寶・折二・
楷書短通
大観通宝
当三 鉄銭 面
濶通
北宋八代 徽宗
大観年間(1107
〜1110年)


「両宋鉄銭 766号」五上

外径   32.0mm
至輪径  27.5mm
厚さ    2.7mm
重量      9.7g
大観通宝
当三 鉄銭 背
濶通
北宋八代 徽宗
大観年間(1107
〜1110年)


「両宋鉄銭 766号」五上

「中國錢幣大辭典
宋遼西夏金編 北宋巻」
鐵大觀通寶・折二・
楷書濶通
大観通宝
当三 鉄銭 面
仰通降宝
北宋八代 徽宗
大観年間(1107
〜1110年)


「両宋鉄銭 772号」五下

外径   31.4mm
至輪径  27.8mm
厚さ    2.5mm
重量      9.1g
大観通宝
当三 鉄銭 背
仰通降宝
北宋八代 徽宗
大観年間(1107
〜1110年)


「両宋鉄銭 772号」五下

「中國錢幣大辭典
宋遼西夏金編 北宋巻」
鐵大觀通寶・折二・
楷書仰通・
仰通降寶
大観通宝
折十  大字 面
北宋八代 徽宗
大観元年(1107年)始鋳

「北宋銅銭 3191番」五


外径   41.3mm
至輪径 38.0mm
厚さ    2.6mm
重量    15.0g
大観通宝
折十  大字 背
北宋八代 徽宗
大観元年(1107年)始鋳

「北宋銅銭 3191番」五

穴の細道509A番 2
御書の大観 当十銭
大観通宝
折十  大字降宝 面
北宋八代 徽宗
大観元年(1107年)始鋳

「北宋銅銭 3192番」六

外径   41.7mm
至輪径 38.3mm
厚さ    3.2mm
重量    15.8g
大観通宝
折十  大字降宝 背
北宋八代 徽宗
大観元年(1107年)始鋳

「北宋銅銭 3192番」六
大観通宝
折十  俯大 面
北宋八代 徽宗
大観元年(1107年)始鋳

「北宋銅銭 3193番」七

外径   41.3mm
至輪径 38.5mm
厚さ    3.1mm
重量    16.8g
大観通宝
折十  俯大 背
北宋八代 徽宗
大観元年(1107年)始鋳

「北宋銅銭 3193番」七
大観通宝
当十  降通 面
北宋八代 徽宗
大観元年(1107年)始鋳

「古泉大全 丙集」三

「北宋銅銭 3196番」五
折十   降通 面

外径    42.0mm
至輪径  38.2mm
厚さ     3.2mm
重量     20.0g
大観通宝
当十  降通 背
北宋八代 徽宗
大観元年(1107年)始鋳

「古泉大全 丙集」三

「北宋銅銭 3196番」五
折十   降通 背
大観通宝

折十   狭俯大 面
北宋八代 徽宗
大観元年(1107年)始鋳

「北宋銅銭 3194番」七

外径   41.4mm
至輪径  37.4mm
厚さ     3.2mm
重量     18.6g
大観通宝

折十   狭俯大 背
北宋八代 徽宗
大観元年(1107年)始鋳

「北宋銅銭 3194番」七
大観通宝

折十   狭通 面
北宋八代 徽宗
大観元年(1107年)始鋳

「北宋銅銭 3195番」六

外径   40.1mm
至輪径  38.7mm
厚さ     2.8mm
重量    16.4g
大観通宝

折十   狭通 背
北宋八代 徽宗
大観元年(1107年)始鋳

「北宋銅銭 3195番」六