嘉祐元宝  
四代 仁宗は、至和三年に嘉祐と改元、嘉祐元年(1056年)に嘉祐元寶、嘉祐通寶の二銭を改鋳し、いずれにも
真書、篆書の二書体の銭がある。
嘉祐元宝 広穿真書
北宋四代 仁宗
嘉祐元年(1056年)

「符合泉志」初編九

「北宋銅銭745番」十
広穿真書
嘉祐元宝 広穿篆書
北宋四代 仁宗
嘉祐元年(1056年)

「符合泉志」初編九

「北宋銅銭746番」十
広穿篆書
嘉祐元宝 広穿肥郭真書
北宋四代 仁宗
嘉祐元年(1056年)

「符合泉志」初編四

「北宋銅銭747番」十
広穿広郭真書
嘉祐元宝 広穿肥郭篆書
北宋四代 仁宗
嘉祐元年(1056年)

「符合泉志」初編三


「北宋銅銭748番」十
広穿広郭篆書
嘉祐元宝 肥郭昂元真書
北宋四代 仁宗
嘉祐元年(1056年)

「符合泉志」二編三
不  対
嘉祐元宝 四出真書
北宋四代 仁宗
嘉祐元年(1056年)

「符合泉志」初編九

「北宋銅銭738番」十
四出真書
嘉祐元宝 四出篆書
北宋四代 仁宗
嘉祐元年(1056年)

「符合泉志」初編九

「北宋銅銭739番」七
四出篆書
嘉祐元宝 四出篆書
北宋四代 仁宗
嘉祐元年(1056年)

「古泉大全 丙集」十

「北宋銅銭742番」十
四出仰元篆書
嘉祐元宝 四出仰元篆書
北宋四代 仁宗
嘉祐元年(1056年)

譜外品
四出篆書の手変わり、
小島譜に記載あり。

「北宋銅銭 742番」十
四出仰元篆書
嘉祐元宝 四出退嘉真書
北宋四代 仁宗
嘉祐元年(1056年)

譜外品
四出真書の手変わり、
小島譜に記載あり。

「北宋銅銭 740番」十
四出退嘉真書
嘉祐元宝 四出俯元真書
北宋四代 仁宗
嘉祐元年(1056年)

「符合泉志」二編八
嘉祐元宝 四出俯元篆書
北宋四代 仁宗
嘉祐元年(1056年)

「符合泉志」二編八
嘉祐元宝 四出俯元篆書
北宋四代 仁宗
嘉祐元年(1056年)

「古泉大全 丙集」十
嘉祐元宝 美制真書
母 銭
北宋四代 仁宗
嘉祐元年(1056年)

「符合泉志」二編九

「北宋銅銭 733番」九
隷宝美制真書

外径  25.2mm
至輪径 20.1mm
厚さ   1.4mm
重量    3.9g
不  対
嘉祐元宝 美制真書
通用銭
北宋四代 仁宗
嘉祐元年(1056年)

「符合泉志」二編九

「北宋銅銭 733番」九
隷宝美制真書

穴の細道82番B 5
これは北宋銭である。
穴の細道のAとBの
日本名は間違って
入れ代わっている。
なを、
A図は長崎嘉祐である。

外径  24.8mm
至輪径 19.9mm
厚さ   1.5mm
重量    4.1g
不  対
嘉祐元宝 左元真書
北宋四代 仁宗
嘉祐元年(1056年)

「符合泉志」二編四

「北宋銅銭 731番」六
退元真書
不  対
嘉祐元宝 左元真書
北宋四代 仁宗
嘉祐元年(1056年)

「古泉大全 丙集」八

「北宋銅銭 731番」六
退元真書
不  対
嘉祐元宝 狭穿真書
北宋四代 仁宗
嘉祐元年(1056年)

「符合泉志」初編十


「北宋銅銭751番」十
狭穿真書
嘉祐元宝 狭穿篆書
北宋四代 仁宗
嘉祐元年(1056年)

「符合泉志」初編十

「北宋銅銭752番」十
狭穿篆書
嘉祐元宝 狭穿俯嘉真書
北宋四代 仁宗
嘉祐元年(1056年)

「符合泉志」二編八
嘉祐元宝 狭穿俯嘉篆書
北宋四代 仁宗
嘉祐元年(1056年)

「符合泉志」二編八
嘉祐元宝 小字真書
北宋四代 仁宗
嘉祐元年(1056年)

「符合泉志」三編二

「北宋銅銭 723番」三
小字真書
不  対
嘉祐元宝 接郭真書
北宋四代 仁宗
嘉祐元年(1056年)

「符合泉志」二編三

「北宋銅銭 744番」六
接郭真書

穴の細道83番 8

接郭の嘉祐
不  対
嘉祐元宝 仰嘉真書
母銭
北宋四代 仁宗
嘉祐元年(1056年)

「符合泉志」二編九

「北宋銅銭 724番」十
仰嘉真書

穴の細道81番 8
仰嘉の嘉祐

外径  25.6mm
至輪径 20.2mm
厚さ   1.3mm
重量    3.8g
不  対
嘉祐元宝 仰嘉真書
通用銭
北宋四代 仁宗
嘉祐元年(1056年)

「符合泉志」二編九

「北宋銅銭 724番」十
仰嘉真書

穴の細道81番 8
仰嘉の嘉祐

外径  25.2mm
至輪径 19.9mm
厚さ   1.3mm
重量    3.6g
不  対
嘉祐元宝 仰嘉濶縁真書
北宋四代 仁宗
嘉祐元年(1056年)

「符合泉志」二編三

手類銭考 上巻
濶縁手6番「一四」
嘉祐元寶 仰嘉
不  対
嘉祐元宝 濶祐真書
北宋四代 仁宗
嘉祐元年(1056年)

「符合泉志」二編八

「北宋銅銭 728番」七
濶祐真書

穴の細道80番 7
濶祐の嘉祐
不  対
嘉祐元宝 濶縁狭祐真書
北宋四代 仁宗
嘉祐元年(1056年)

「符合泉志」二編二

「北宋銅銭 729番」四
濶縁狭祐真書
不  対
嘉祐元宝 広穿真書
北宋四代 仁宗
嘉祐元年(1056年)

「符合泉志」二編八


「北宋銅銭 730番」八
濶元真書
不  対
嘉祐元宝 濶縁濶字真書
北宋四代 仁宗
嘉祐元年(1056年)

「符合泉志」二編三

「北宋銅銭 722番」七
濶字濶縁真書

穴の細道79番 5
濶大の嘉祐
不  対
嘉祐通宝
嘉祐通宝 濶縁真書
北宋四代 仁宗
嘉祐年間
(1056〜1063年)

「符合泉志」初編九

「北宋銅銭 754番」十
濶縁真書
嘉祐通宝 濶縁篆書
北宋四代 仁宗
嘉祐年間
(1056〜1063年)

「符合泉志」初編九

「北宋銅銭 754番」十
濶縁篆書
嘉祐通宝 濶縁斜宝真書
北宋四代 仁宗
嘉祐年間
(1056〜1063年)

「古泉大全 丙集」九

「北宋銅銭 756番」九
濶縁斜宝真書
嘉祐通宝 濶縁斜宝篆書
北宋四代 仁宗
嘉祐年間
(1056〜1063年)

「古泉大全 丙集」九

「北宋銅銭 757番」八
濶縁斜宝篆書
嘉祐通宝 陰郭篆書
母 銭
北宋四代 仁宗
嘉祐年間
(1056〜1063年)

「符合泉志」初編九

「北宋銅銭 777番」十
失点通篆書


外径  25.3mm
至輪径 19.3mm
厚さ   1.4mm
重量    4.3g
嘉祐通宝 陰郭真書
北宋四代 仁宗
嘉祐年間
(1056〜1063年)

「符合泉志」初編九

「北宋銅銭 776番」十
失点通真書
嘉祐通宝 陰郭篆書
通用銭
北宋四代 仁宗
嘉祐年間
(1056〜1063年)

「符合泉志」初編九

「北宋銅銭 777番」十
失点通篆書


外径  24.8mm
至輪径 19.0mm
厚さ   1.2mm
重量    3.6g
嘉祐通宝 細縁直宝真書
北宋四代 仁宗
嘉祐年間
(1056〜1063年)

「符合泉志」三編七

「北宋銅銭 781番」五
失点通細縁真書

穴の細道78番 3
通称「大吉の嘉祐」
嘉祐通宝 細縁直宝篆書
北宋四代 仁宗
嘉祐年間
(1056〜1063年)

「北宋銅銭 782番」三
失点通細縁篆書

「符合泉志」三編三
嘉祐通宝 細縁斜宝真書
母銭
北宋四代 仁宗
嘉祐年間
(1056〜1063年)

「符合泉志」三編七

「北宋銅銭 778番」八
失点通斜宝真書

穴の細道78番 3
通称「大吉の嘉祐」

外径  24.5mm
至輪径 19.8mm
厚さ   1.6mm
重量    4.2g
嘉祐通宝 細縁斜宝真書
通用銭
北宋四代 仁宗
嘉祐年間
(1056〜1063年)

「符合泉志」三編七

「北宋銅銭 778番」八
失点通斜宝真書

「穴の細道」78番 3
通称「大吉の嘉祐」 
外径  23.6mm
至輪径 19.3mm
厚さ   1.4mm
重量    3.7g
嘉祐通宝 四出真書
北宋四代 仁宗
嘉祐年間
(1056〜1063年)

「符合泉志」初編九

「北宋銅銭 768番」十
四出真書
嘉祐通宝 四出篆書
北宋四代 仁宗
嘉祐年間
(1056〜1063年)

「符合泉志」初編八

「北宋銅銭 769番」十
四出篆書
嘉祐通宝 長祐真書
北宋四代 仁宗
嘉祐年間
(1056〜1063年)

「符合泉志」三編八


「北宋銅銭 771番」七
長祐真書
嘉祐通宝 長祐篆書
北宋四代 仁宗
嘉祐年間
(1056〜1063年)

「符合泉志」三編五

「北宋銅銭 772番」五
長祐篆書
嘉祐通宝 広穿真書
北宋四代 仁宗
嘉祐年間
(1056〜1063年)

「符合泉志」初編八

「北宋銅銭 761番」十
広穿真書
嘉祐通宝 広穿篆書
北宋四代 仁宗
嘉祐年間
(1056〜1063年)

「符合泉志」初編八

「北宋銅銭 762番」十
広穿篆書
嘉祐通宝 背陰起篆書
母 銭
北宋四代 仁宗
嘉祐年間
(1056〜1063年)

「符合泉志」初編十


「北宋銅銭 760番」十
背陰起篆書


外径  25.3mm
至輪径 20.3mm
厚さ   1.3mm
重量    3.9g
嘉祐通宝 背陰起真書
北宋四代 仁宗
嘉祐年間
(1056〜1063年)

「符合泉志」初編十

「北宋銅銭 759番」十
背陰起真書
嘉祐通宝 背陰起篆書
通用銭
北宋四代 仁宗
嘉祐年間
(1056〜1063年)

「符合泉志」初編十


「北宋銅銭 760番」十
背陰起篆書


外径  24.7mm
至輪径 20.2mm
厚さ   1.2mm
重量    3.6g
嘉祐通宝
背陰起肥通真書
北宋四代 仁宗
嘉祐年間
(1056〜1063年)

「古泉大全 丙集」十
嘉祐通宝
背陰起肥通篆書
北宋四代 仁宗
嘉祐年間
(1056〜1063年)

「古泉大全 丙集」十
嘉祐通宝 縮字真書
北宋四代 仁宗
嘉祐年間
(1056〜1063年)

「符合泉志」初編十

「北宋銅銭 764番」十
縮字真書
嘉祐通宝 縮字篆書
北宋四代 仁宗
嘉祐年間
(1056〜1063年)

「符合泉志」初編十


「北宋銅銭 765番」十
縮字篆書
嘉祐通宝 縮字降宝篆書
北宋四代 仁宗
嘉祐年間
(1056〜1063年)

譜外品:縮字篆書の
手変わり、小島譜にあり。
『古泉大全の正合品は、
どうもこの貨幣のようだ』
と記載されている。

「北宋銅銭 766番」十
縮字降宝篆書
嘉祐通宝
縮字異通真書
北宋四代 仁宗
嘉祐年間
(1056〜1063年)

「古泉大全 丙集」三

「北宋銅銭 767番」五
縮字異通真書