皇宋通宝  
四代 仁宗は、宝元2年(1039年)三月にまた銭貨の改鋳を行い、銭文を皇宋通寶として真書、篆書の二書体の銭を発行した。
「皇宋」は銭の名称にして、年号ではない
皇宋通宝 細郭四出真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編七

「北宋銅銭 633番」十
細郭真書
皇宋通宝 細郭四出篆書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編七

「北宋銅銭 634番」十
細郭篆書
皇宋通宝
細郭四出中昂宝真書(仮称)
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」譜外:
細郭四出真書の手変わり
月刊「収集連載の
「符合泉志」初編(小島譜)
に掲載あり。
皇宋通宝
細郭四出濶縁小様篆書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」譜外:
細郭四出篆書の手変わり
月刊「収集連載の
「符合泉志」初編(小島譜)
に掲載あり。
皇宋通宝 四出肥字真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編七

「北宋銅銭 635番」九
細郭肥字真書
皇宋通宝 四出肥字篆書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編四

「北宋銅銭 636番」九
細郭肥字篆書
皇宋通宝 四出小様真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編十
皇宋通宝 四出小様篆書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編十
皇宋通宝 大宋真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」二編八

「北宋銅銭 478番」八
大宋真書
不   対
皇宋通宝
大宋進宋真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

譜外 :大宋真書の手変わり

「北宋銅銭 479番」八
大宋進宋真書
皇宋通宝
大宋退宋真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

譜外 :大宋真書の手変わり

「北宋銅銭 480番」八
大宋退宋真書
不   対
皇宋通宝
大宋退宋降宝真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

譜外 :大宋真書の手変わり

「小島譜 二編」に掲載
不   対
皇宋通宝 寛通真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」三編四

「北宋銅銭 520番」六
寛通真書
不   対
皇宋通宝 寛通昂宝真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

譜外 :寛通真書の手変わり

「北宋銅銭 521番」二
寛通昂宝真書
皇宋通宝 大通篆書
母 銭
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編十


「北宋銅銭 488番」十
大通篆書


外径  24.5mm
至輪径 20.2mm
厚さ    1.4mm
重量     3.8g
皇宋通宝 大通真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編十

「北宋銅銭 487番」十
大通真書
皇宋通宝 大通篆書
通用銭
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編十

「北宋銅銭 488番」十
大通篆書

外径  24.0mm
至輪径 19.9mm
厚さ    1.3mm
重量     3.6g
不   対 皇宋通宝 正郭篆書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」三編四

安南手類銭
穴銭入門 手類銭考
中巻 接郭至道手12「十三」
皇宋通宝正郭篆書細縁。

皇宋通宝 広穿真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編十

「北宋銅銭 627番」十
広穿真書
皇宋通宝 広穿篆書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編十

「北宋銅銭 628番」十
広穿篆書
皇宋通宝 細縁痩字真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」三編二

「北宋銅銭 471番」四
痩字真書
皇宋通宝 細縁痩字篆書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」三編二

「北宋銅銭 472番」四
痩字篆書
皇宋通宝 濶縁小字真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編十

「北宋銅銭 473番」十
痩字濶縁真書

穴の細道298番A 8
真書
皇宋通宝 濶縁小字篆書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編十

「北宋銅銭 474番」十
痩字濶縁篆書

穴の細道298番B 8
篆書
皇宋通宝 平濶真書
母 銭
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編十

「北宋銅銭 609番」十
濶縁真書

外径  25.7mm
至輪径 19.9mm
厚さ    1.0mm
重量     3.1g
皇宋通宝 平濶真書
通用銭
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編十


「北宋銅銭 609番」十
濶縁真書


外径  25.4mm
至輪径 19.7mm
厚さ    1.1mm
重量     3.7g
皇宋通宝 平濶篆書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編九

「北宋銅銭 610番」十
濶縁篆書
皇宋通宝 平濶背濶縁真書
母 銭
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編八


「北宋銅銭 611番」十
面背濶縁真書


外径  25.2mm
至輪径 19.2mm
厚さ    1.2mm
重量     4.0g
皇宋通宝 平濶背濶縁真書
通用銭
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編八


「北宋銅銭 611番」十
面背濶縁真書


外径  24.9mm
至輪径 18.9mm
厚さ    1.0mm
重量     3.1g
皇宋通宝
平濶背濶縁篆書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編八

「北宋銅銭 612番」十
面背濶縁篆書
皇宋通宝 濶縁降宝真書

北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「北宋銅銭 616番」6

上記符合泉志の
平濶背濶縁真書より
降宝
皇宋通宝
平濶背濶縁小足宝篆書
(仮称)
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

譜外
平濶背濶縁篆書の手変わり
小島譜に掲載あり。

「北宋銅銭 612番」十
面背濶縁篆書
皇宋通宝 陰郭真書
母 銭
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編十

「北宋銅銭 522番」十
狭通真書

外径  25.5mm
至輪径 18.8mm
厚さ    1.2mm
重量     4.0g
皇宋通宝 陰郭真書
通用銭
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編十

「北宋銅銭 522番」十
狭通真書

外径  25.2mm
至輪径 18.5mm
厚さ    1.2mm
重量     3.8g
皇宋通宝 陰郭篆書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編十


皇宋通宝 陰郭小様真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編十
皇宋通宝
陰郭小様篆書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編十
皇宋通宝
陰郭小様小異真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」譜外
陰郭小様の手変わり
小島譜に記載あり。

「北宋銅銭 534番」六
狭通直宝真書
皇宋通宝
狭通直宝篆書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「北宋銅銭 535番」六
皇宋通宝 仰皇陰通真書
母 銭

北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編四

「北宋銅銭 617番」六
濶縁仰皇陰通真書

外径  25.2mm
至輪径 18.3mm
厚さ    1.1mm
重量     3.6g
皇宋通宝 仰皇陰通篆書
母 銭

北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編五

「北宋銅銭 618番」八
濶縁仰皇陰通篆書


外径  25.7mm
至輪径 18.8mm
厚さ    1.2mm
重量     4.1g
皇宋通宝 仰皇陰通真書
通用銭

北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編四

「北宋銅銭 617番」六
濶縁仰皇陰通真書

外径  25.1mm
至輪径 18.0mm
厚さ    1.2mm
重量     3.6g
皇宋通宝 仰皇陰通篆書
通用銭

北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳
「符合泉志」初編五

「北宋銅銭 618番」八
濶縁仰皇陰通篆書

外径  25.2mm
至輪径 18.4mm
厚さ    1.2mm
重量     4.0g
皇宋通宝 通離郭真書
母 銭

北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」二編六

「北宋銅銭 619番」八
濶縁通離郭真書

外径  25.0mm
至輪径 19.1mm
厚さ    1.4mm
重量     4.4g
皇宋通宝 通離郭真書
通用銭

北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」二編六

「北宋銅銭 619番」八
濶縁通離郭真書

外径  25.1mm
至輪径 18.6mm
厚さ    1.3mm
重量     3.8g
皇宋通宝 通離郭篆書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」二編三

「北宋銅銭 620番」八
濶縁通離郭篆書
皇宋通宝
背濶縁昂宝篆書
母 銭

北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」二編三

「北宋銅銭 615番」七
濶縁昂宝真書

外径:  25.3mm
至輪径: 18.4mm
厚さ:   1.3mm
重量:    3.8g
皇宋通宝 背濶縁昂宝真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「古泉大全 丙集」七
皇宋通宝
背濶縁昂宝篆書
通用銭

北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」二編三

「北宋銅銭 615番」七
濶縁昂宝真書

外径:  24.8mm
至輪径: 18.1mm
厚さ:   1.4mm
重量:    3.9g
皇宋通宝 狭穿真書
母 銭
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編十

「北宋銅銭 629番」十
狭穿真書

外径  24.6mm
至輪径 18.7mm
厚さ    1.3mm
重量     4.0g
皇宋通宝 狭穿篆書
母 銭
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編十

「北宋銅銭 630番」十
狭穿篆書

外径  22.9mm
至輪径 19.4mm
厚さ    1.1mm
重量     2.9g
皇宋通宝 狭穿真書
通用銭
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編十

「北宋銅銭 629番」十
狭穿真書

外径  24.4mm
至輪径 18.3mm
厚さ    1.3mm
重量     3.9g
皇宋通宝 狭穿篆書
通用銭
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編十

「北宋銅銭 630番」十
狭穿篆書

外径  24.2mm
至輪径 18.9mm
厚さ    1.3mm
重量     3.9g
皇宋通宝 細縁真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編九

「北宋銅銭 536番」九
狭通細縁真書
皇宋通宝 細縁篆書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編九

「北宋銅銭 553番」九
狭通狭皇篆書
皇宋通宝 細縁小異真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

譜外 :細縁真書の手変わり。
小島譜に記載あり。
寶字が直寶に見えます。
皇宋通宝 細縁狭皇真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」二編七

「北宋銅銭 556番」七
狭通狭皇狭宝真書
皇宋通宝 細縁狭皇篆書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」二編三

「北宋銅銭 557番」七
狭通狭皇狭宝篆書
皇宋通宝 小通真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編十

「北宋銅銭 492番」十
小通真書
皇宋通宝 小通篆書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編十

「北宋銅銭 493番」十
小通篆書
皇宋通宝
小通背濶縁篆書
母 銭
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編八

「北宋銅銭 498番」十
小通篆書

外径:  24.8mm
至輪径: 19.2mm
厚さ:   1.2mm
重量:    3.6g
皇宋通宝
小通背濶縁真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編七

「北宋銅銭 497番」十
小通真書
皇宋通宝
小通背濶縁篆書
通用銭
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編八

「北宋銅銭 498番」十
小通篆書

外径:  24.6mm
至輪径: 19.0mm
厚さ:   1.4mm
重量:    3.8g
皇宋通宝 小通広穿真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編九

「北宋銅銭 524番」十
狭通広穿真書
皇宋通宝 小通広穿篆書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編九

「北宋銅銭 525番」十
狭通広穿篆書
皇宋通宝
小通四出真書
母 銭

北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編七

外径  25.8mm
至輪径 20.3mm
厚さ    1.3mm
重量     4.0g
皇宋通宝 小通四出真書
通用銭

北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編七

外径  25.2mm
至輪径 19.8mm
厚さ    1.3mm
重量     3.6g
皇宋通宝 小通四出篆書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編七
皇宋通宝 四出降宝真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」二編七
皇宋通宝 四出降宝篆書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」二編五
皇宋通宝
陰郭狭穿篆書
母 銭
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」三編四

外径   24.7mm
至輪径 19.6mm
厚さ    1.3mm
重量     3.7g
皇宋通宝
陰郭狭穿真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」三編八

「北宋銅銭 643番」七
細郭隷宝真書
皇宋通宝
陰郭狭穿篆書
通用銭
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」三編四

「北宋銅銭 644番」六
細郭隷宝篆書

外径   23.9mm
至輪径 19.2mm
厚さ    1.5mm
重量     4.2g
皇宋通宝 縮字真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」二編四
小変化の多い銭種

「北宋銅銭 463番」八
縮字小宋真書
不  対
皇宋通宝
縮字仰宝昂通真書

北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「北宋銅銭 467番」七
皇宋通宝
縮字斜宋真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」二編四


「北宋銅銭 466番」七
縮字仰宝真書
皇宋通宝
縮字斜宋真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「古泉大全 丙集」七


「北宋銅銭 466番」七
縮字仰宝真書
皇宋通宝 隷宝小通真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」二編三

「北宋銅銭 501番」七
小通隷宝真書
不  対
皇宋通宝 隷宝篆書
母 銭
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編二

「北宋銅銭 585番」十
隷宝篆書

外径  26.0mm
至輪径 20.0mm
厚さ    1.4mm
重量     4.1g

穴の細道302番
の解説文に記載あり。
隷宝皇宋
皇宋通宝 隷宝真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「北宋銅銭 584番」十
隷宝真書

外径  25.5mm
至輪径 20.2mm
厚さ    1.2mm
重量     3.7g

「符合泉志」初編七

穴の細道302番 7
隷宝皇宋
皇宋通宝 隷宝篆書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編二

「北宋銅銭 585番」十
隷宝篆書

外径  25.3mm
至輪径 19.8mm
厚さ    1.2mm
重量     3.8g

穴の細道302番
の解説文に記載あり。
隷宝皇宋
皇宋通宝 隷宝狭穿真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」二編二

「北宋銅銭 586番」六
隷宝昂通真書

穴の細道302番
の解説文に「狭穿」の
記載あり。
隷宝皇宋
皇宋通宝 隷宝狭穿篆書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」二編五

穴の細道302番
の解説文に「狭穿」の
記載あり。
隷宝皇宋
皇宋通宝 隷通真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」三編二

「北宋銅銭 565番」二
隷通真書
皇宋通宝 隷通篆書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「古泉大全 丙集」六

「北宋銅銭 568番」二
隷通退皇篆書
皇宋通宝
隷通直宝篆書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「旧譜」 譜外:
隷宝篆書の手変わり。
皇宋通宝 広穿四出篆書
母 銭

北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編十

「北宋銅銭 646番」十
面四決篆書

外径   25.0mm
至輪径 20.6mm
厚さ    1.1mm
重量     3.6g
皇宋通宝 広穿四出真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編十

「北宋銅銭 645番」十
面四決真書
皇宋通宝 広穿四出篆書
通用銭

北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編十

「北宋銅銭 646番」十
面四決篆書

外径   24.8mm
至輪径 20.2mm
厚さ    1.1mm
重量     3.7g
皇宋通宝 隷通宝真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」二編二
不  対
皇宋通宝
隷通宝(降皇)真書

北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」譜外 :
隷通宝真書の手変わり、
小島譜に記載あり

「北宋銅銭 574番」五
隷通宝昂通降皇真書
不  対
皇宋通宝 隷宝斜通真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」二編五

「古泉大全 丙集」七

「北宋銅銭 571番」八
隷通宝俯通真書

上記「符合泉志」の
隷宝斜通真書を
古泉大全丙集では
隷宝俯通真書という
銭名で記載している。
皇宋通宝 隷宝俯通篆書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」 譜外

「古泉大全 丙集」七

「北宋銅銭 572番」八
隷通宝俯通篆書
皇宋通宝 隷宝直通真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

譜外 :
隷宝斜通真書の手変わり。
皇宋通宝 連郭真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編十

「北宋銅銭 588番」十
狭宝連真書
皇宋通宝 連郭篆書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編十

「北宋銅銭 589番」十
狭宝連篆書
皇宋通宝 連郭仰通真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「古泉大全 丙集」十

「北宋銅銭 598番」九
狭宝連郭仰通真書
皇宋通宝 連郭仰通篆書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「古泉大全 丙集」九
皇宋通宝
連郭仰通小字真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「古泉大全 丙集」九

「北宋銅銭 599番」九
狭宝連郭仰通小様真書
不   対
皇宋通宝
連郭仰宋真書(仮称)
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「旧銭譜」譜外:
連郭真書の手替り
小島譜に記載あり。

「北宋銅銭 590番」八
狭宝連郭仰宋真書
皇宋通宝 離郭篆書
母 銭
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編七

「北宋銅銭 601番」十
狭宝離郭篆書

外径  25.3mm
至輪径 21.0mm
厚さ    1.2mm
重量    3.8g
皇宋通宝 離郭真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編八


「北宋銅銭 600番」十
狭宝離郭真書
皇宋通宝 離郭篆書
通用銭
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編七


「北宋銅銭 601番」十
狭宝離郭篆書


外径  25.2mm
至輪径 20.9mm
厚さ    1.3mm
重量    3.6g
皇宋通宝
離郭仰宝俯皇真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「旧銭譜」譜外:
離郭真書の手替り、
小島譜に記載あり。

「北宋銅銭 608番」六
狭宝離郭仰宝真書
皇宋通宝 離郭昂通真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「古泉大全 丙集」七

「北宋銅銭 602番」七
狭宝離郭昂通真書
皇宋通宝 離郭昂通篆書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「旧銭譜」譜外:
小島譜に記載あり。

「北宋銅銭 603番」七
狭宝離郭昂通篆書
皇宋通宝 離郭降通真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「古泉大全 丙集」六

「北宋銅銭 604番」六
狭宝離郭降通真
皇宋通宝
離郭降通昂宋真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「旧銭譜」譜外

離郭真書の手替り
小島譜に記載あり。
皇宋通宝
離郭降通昂宋篆書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「旧銭譜」譜外

離郭真書の手替り
小島譜に記載あり。

「北宋銅銭 605番」六
狭宝離郭降通篆書
皇宋通宝 長通真書
母 銭
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編十

「北宋銅銭 502番」十
長通真書

外径  25.9mm
至輪径 19.9mm
厚さ    1.4mm
重量     4.3g
皇宋通宝 長通篆書
母 銭
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編十

「北宋銅銭 503番」十
長通篆書

外径  25.9mm
至輪径 20.1mm
厚さ     1.6m
重量     5.1g
皇宋通宝 長通真書
通用銭
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編十

「北宋銅銭 502番」十
長通真書

外径  25.2mm
至輪径 19.6mm
厚さ    1.3mm
重量     4.1g
皇宋通宝 長通篆書
通用銭
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編十

「北宋銅銭 503番」十
長通篆書

外径  25.2mm
至輪径 19.9mm
厚さ    1.5mm
重量    4.2
皇宋通宝 長通濶縁真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」三編四

安南手類銭
穴銭入門 手類銭考
中巻 濶縁手53「十四」
皇宋通宝 長通


不   対
皇宋通宝 長通濶縁小様真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「古泉大全丙集」七

「北宋銅銭 506番」十
長通小様真書
皇宋通宝 隷書真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」二編十

「北宋銅銭 477番」十
隷書真書
不   対
皇宋通宝 遒勁真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」三編三


「北宋銅銭 476番」六
遒勁真書
皇宋通宝 遒勁篆書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「古泉大全 丙集」四位

「符合泉志」は不対

安南手類銭
穴銭入門 手類銭上巻
月通天禧手12「十四」
皇宋通宝 遒勁 篆書


皇宋通宝 大字真書
母 銭

北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編十

「北宋銅銭 456番」十
大字真書

外径  25.2mm
至輪径 20.5mm
厚さ    1.2mm
重量     3.9g
皇宋通宝 大字真書
通用銭

北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編十

「北宋銅銭 456番」十
大字真書

外径  24.1mm
至輪径 19.7mm
厚さ    1.2mm
重量     3.0g
皇宋通宝 大字篆書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編十


「北宋銅銭 457番」十
大字篆書
皇宋通宝 異書真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編三
穴の細道299番A 2

安南手類銭
穴銭入門 手類銭考
上巻 異書景祐手19「十一」
皇宋通宝 異書背濶縁 真書


皇宋通宝 異書篆書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」初編二
穴の細道299番B 2

安南手類銭
穴銭入門 手類銭考
上巻 異書景祐手20「十」
皇宋通宝 異書背濶縁 篆書

皇宋通宝 木宋真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」二編十

「北宋銅銭 482番」十
木宋真書
不   対
皇宋通宝 狭木宋真書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」三編三

「北宋銅銭 485番」四
狭木宋真書
不   対
不   対 皇宋通宝 大貝宝篆書
北宋四代 仁宗
宝元2年(1039年)始鋳

「符合泉志」二編五

安南手類銭考 中巻
繊字至道手 20番
皇宋通宝 大貝寶篆書

穴の細道301番 4

大貝宝の皇宋