明道元宝
四代 仁宗は、天聖十年に明道と改元し明道元年(1032年)に明道元寶の真書、篆書の二書体の銭貨を改鋳した。
明道元宝 濶縁真書
北宋四代 仁宗
明道元年(1032年)始鋳

「符合泉志」初編十
明道元宝 濶縁篆書
北宋四代 仁宗
明道元年(1032年)始鋳

「符合泉志」初編十

「北宋銅銭409番」十
正郭接郭篆書
明道元宝 細郭真書
北宋四代 仁宗
明道元年(1032年)始鋳

「符合泉志」初編十
明道元宝 細郭篆書
北宋四代 仁宗
明道元年(1032年)始鋳

「符合泉志」初編十
不 対 明道元宝 細郭直宝篆書
北宋四代 仁宗
明道元年(1032年)始鋳

「符合泉志」ニ編八
明道元宝 細郭濶縁真書
北宋四代 仁宗
明道元年(1032年)始鋳

「符合泉志」初編九
明道元宝 細郭濶縁篆書
北宋四代 仁宗
明道元年(1032年)始鋳

「符合泉志」初編九
明道元宝 大様真書
北宋四代 仁宗
明道元年(1032年)始鋳

「符合泉志」三編六

「北宋銅銭 423番」七
大字真書
明道元宝 大様篆書
北宋四代 仁宗
明道元年(1032年)始鋳

「符合泉志」三編十

「北宋銅銭 42四番」九
大字篆書
明道元宝
昂直宝 真書
北宋四代 仁宗
明道元年(1032年)始鋳

「符合泉志」三編三


「北宋銅銭 425番」五
大字昂宝真書
明道元宝
昂直宝 篆書
北宋四代 仁宗
明道元年(1032年)始鋳

「符合泉志」三編六


「北宋銅銭 429番」七
大字俯宝篆書
明道元宝
大字斜宝篆書
母 銭
北宋四代 仁宗
明道元年(1032年)始鋳

「符合泉志」三編九

「北宋銅銭 428番」九
大字昂宝篆書

外径    26.3mm
至輪径   21.5mm
厚さ      1.3mm
重量      4.2g
明道元宝 大字斜宝真書
北宋四代 仁宗
明道元年(1032年)始鋳

「符合泉志」三編四

「北宋銅銭427番」六
大字仰宝真書
明道元宝
大字斜宝篆書
通用銭
北宋四代 仁宗
明道元年(1032年)始鋳

「符合泉志」三編九

「北宋銅銭428番」九
大字仰宝篆書

外径    25.8mm
至輪径  21.0mm
厚さ     1.3mm
重量     4.0g
明道元宝 肥郭真書
北宋四代 仁宗
明道元年(1032年)始鋳

「符合泉志」三編二
不 対
明道元宝 陰郭真書
北宋四代 仁宗
明道元年(1032年)始鋳

「符合泉志」初編三

「北宋銅銭417番」八
正字陰郭真書
明道元宝 陰郭篆書
北宋四代 仁宗
明道元年(1032年)始鋳

「符合泉志」初編五

「北宋銅銭418番」七
正字陰郭篆書
明道元宝 陰郭篆書
北宋四代 仁宗
明道元年(1032年)始鋳

「古泉大全丙集」九

「北宋銅銭418番」七
正字陰郭篆書
明道元宝 陰郭仰宝真書
北宋四代 仁宗
明道元年(1032年)始鋳

「古泉大全丙集」七

「北宋銅銭419番」五
正字陰郭仰宝真書
明道元宝 陰郭仰宝篆書
北宋四代 仁宗
明道元年(1032年)始鋳

「古泉大全丙集」七
明道元宝 広郭真書
母 銭
北宋四代 仁宗
明道元年(1032年)始鋳

「符合泉志」初編六

「北宋銅銭 415番」十
正字広郭真書

外径    26.0mm
至輪径   21.6mm
厚さ     1.4mm
重量      4.0g
明道元宝 広郭真書
通用銭
北宋四代 仁宗
明道元年(1032年)始鋳

「符合泉志」初編六


「北宋銅銭 415番」十
正字広郭真書


外径    25.4mm
至輪径   21.4mm
厚さ     1.2mm
重量      3.4g
明道元宝 広郭篆書
北宋四代 仁宗
明道元年(1032年)始鋳

「符合泉志」初編五

「北宋銅銭 416番」十
正字広郭篆書
明道元宝 狭穿真書
母 銭
北宋四代 仁宗
明道元年(1032年)始鋳

「符合泉志」初編七

「北宋銅銭 421番」十
正字狭穿 真書

外径    25.2mm
至輪径   21.5mm
厚さ     1.2mm
重量      3.7g
明道元宝 狭穿真書
通用銭
北宋四代 仁宗
明道元年(1032年)始鋳

「符合泉志」初編七

「北宋銅銭 421番」十
正字狭穿 真書

外径    24.9mm
至輪径   21.2mm
厚さ     1.2mm
重量      3.4g
明道元宝 狭穿篆書
北宋四代 仁宗
明道元年(1032年)始鋳

「符合泉志」初編九
明道元宝 狭穿大様真書
北宋四代 仁宗
明道元年(1032年)始鋳

「符合泉志」二編二
明道元宝 狭穿大様篆書
北宋四代 仁宗
明道元年(1032年)始鋳

「符合泉志」二編四
明道元宝 平濶真書
北宋四代 仁宗
明道元年(1032年)始鋳

「符合泉志」初編十

「北宋銅銭 431番」十
異書真書
明道元宝 平濶篆書
北宋四代 仁宗
明道元年(1032年)始鋳

「符合泉志」初編十

「北宋銅銭 432番」十
異書篆書
明道元宝 遒勁真書
北宋四代 仁宗
明道元年(1032年)始鋳

「符合泉志」三編六
穴の細道700番 3
安南鋳の明道大貝宝

安南歴代銭
明道元宝 遒勁
である。

不 対
明道元宝
遒勁狭字真書
北宋四代 仁宗
明道元年(1032年)始鋳

「符合泉志」三編三

安南歴代銭
明道元宝 遒勁狭字
である。
不 対
明道元宝 異書真書
北宋四代 仁宗
明道元年(1032年)始鋳

「符合泉志」二編三

安南手類銭 上巻の
異書景祐手の説明では、
日寶となって居るが、
北宋辺鋳の可能性が
高いと説明。
不 対