至道元宝
二代 太宗は、淳化六年に至道と改元し、至道元年(995年)に至道元宝銭を改鋳した。
淳化銭と同じく真書、行書、草書の三書体となっている
至道元宝 細縁真書
北宋二代 太宗
至道年間(995〜997年)

「符合泉志」初編四
至道元宝 細縁行書
北宋二代 太宗
至道年間(995〜997年)

「符合泉志」初編五
至道元宝 細縁草書
母 銭
北宋二代 太宗
至道年間(995〜997年)

「符合泉志」初編五


外径   24.6mm
至輪径  19.5mm
厚さ    1.3mm
重量     3.8g
至道元宝 細縁草書
通用銭
北宋二代 太宗
至道年間(995〜997年)

「符合泉志」初編五

外径   24.8mm
至輪径  19.4mm
厚さ    1.2mm
重量     3.6g
至道元宝
細縁背夷漫草書

北宋二代 太宗
至道年間(995〜997年)

吉田昭二著
「宋銭綜監(一)」
至道元寶銭譜19番四
至道元宝 細縁背異真書
北宋二代 太宗
至道年間(995〜997年)

「符合泉志」三編四
至道元宝 細縁背異行書
北宋二代 太宗
至道年間(995〜997年)

「符合泉志」三編六
至道元宝 細縁背異草書
北宋二代 太宗
至道年間(995〜997年)

「符合泉志」三編三
至道元宝 細縁背異草書
北宋二代 太宗
至道年間(995〜997年)

「古泉大全丙集」七


小島譜では「細縁旋辺」
として記載。
至道元宝 細縁背広郭真書
北宋二代 太宗
至道年間(995〜997年)

「符合泉志」三編四
至道元宝 細縁背広郭行書
北宋二代 太宗
至道年間(995〜997年)

「符合泉志」三編五
至道元宝 細縁広郭草書
北宋二代 太宗
至道年間(995〜997年)

「符合泉志」三編四
至道元宝 細縁昂元真書
北宋二代 太宗
至道年間(995〜997年)

「符合泉志」三編三
至道元宝 細縁昂元草書
北宋二代 太宗
至道年間(995〜997年)

「符合泉志」三編五
至道元宝 中縁昂元行書
母 銭
北宋二代 太宗
至道年間(995〜997年)

「符合泉志」二編七


外径   25.6mm
至輪径  19.8mm
厚さ    1.3mm
重量     3.8g
至道元宝 中縁昂元真書
北宋二代 太宗
至道年間(995〜997年)

「符合泉志」二編七
至道元宝 中縁昂元行書
通用銭
北宋二代 太宗
至道年間(995〜997年)

「符合泉志」二編七

外径   24.6mm
至輪径  18.6mm
厚さ    1.4mm
重量     3.9g
至道元宝 中縁昂元草書

北宋二代 太宗
至道年間(995〜997年)

「符合泉志」二編八
至道元宝 濶縁真書
母 銭
北宋二代 太宗
至道年間(995〜997年)

「符合泉志」初編五


外径   25.2mm
至輪径  18.8mm
厚さ    1.5mm
重量      4.8g
至道元宝 濶縁真書
通用銭
北宋二代 太宗
至道年間(995〜997年)

「符合泉志」初編五


外径   24.6mm
至輪径  18.5mm
厚さ    1.2mm
重量      3.7g
至道元宝 濶縁行書
北宋二代 太宗
至道年間(995〜997年)

「符合泉志」初編十
至道元宝 濶縁草書
北宋二代 太宗
至道年間(995〜997年)

「符合泉志」初編十
至道元宝
濶縁背広郭行書

北宋二代 太宗
至道年間(995〜997年)

「旧譜」譜外


吉田昭二著
宋銭綜監(一)
至道元寶銭譜
『濶縁』行書類 59番五
濶縁背肥郭
至道元宝 濶縁昂元真書
北宋二代 太宗
至道年間(995〜997年)

「符合泉志」二編十
至道元宝 濶縁昂元行書
不  対
至道元宝 濶縁昂元草書
北宋二代 太宗
至道年間(995〜997年)

「符合泉志」譜外
「古泉大全丙集」十
至道元宝 亀寶真書
北宋二代 太宗
至道年間(995〜997年)
「符合泉志」二編四

安南手類銭である、
亀寶至道手
亀寶真書。
至道元宝 亀寶草書
北宋二代 太宗
至道年間(995〜997年)
「符合泉志」二編二

安南手類銭である、
亀寶至道手
亀寶草書。


「穴の細道」381A番 4
安南の至道の類 亀宝至道
至道元宝 接郭行書
北宋二代 太宗
至道年間(995〜997年)
「符合泉志」三編四

安南手類銭である、
接郭至道手
接郭行書。
至道元宝 接郭草書
北宋二代 太宗
至道年間(995〜997年)
「符合泉志」三編五

安南手類銭である、
接郭至道手
接郭草書。
至道元宝 接郭長宝真書
北宋二代 太宗
至道年間(995〜997年)
「古泉大全 丙集」四

安南手類銭である、
接郭至道手
接郭長宝真書。
至道元宝 寛字(草書)
北宋二代 太宗
至道年間(995〜997年)

「符合泉志」三編三

安南銭である、
「東洋古銭図録」
擬似北宋類
至道元宝 寛字。

「穴の細道」381B番2
安南の至道の類 寛字至道
至道元宝 寛字真書
寛字行書 不  対
至道元宝
細縁背上星文 真書
北宋二代 太宗
至道年間(995〜997年)

「古泉大全 丙集」八
至道元宝
細縁背上星(昂星) 真書
北宋二代 太宗
至道年間(995〜997年)

旧譜 譜外


「北宋銅銭 229番」三
正字隷書背上星
至道元宝
行書 背上星文
北宋二代 太宗
至道年間(995〜997年)

「古泉大全 丙集」八
細縁背上星文大星 行書


吉田昭二著
「宋銭綜監(一)」
至道元寶銭譜
『細縁』背星文類39番四
至道元宝
濶縁星文 行書
北宋二代 太宗
至道年間(995〜997年)

「古泉大全 丙集」
濶縁星文 行書八位