至和元宝    
四代仁宗は、皇祐六年四月に至和と改元し、至和元年(1054年)に改鋳を行い、至和元寶 至和通寶 の銭文で、いずれも真書、篆書の
二書体がある。他に至和重宝銭があるも、小平銭はない。
至和元宝 大字真書
北宋四代 仁宗
至和年間
(1054〜1056年)

「符合泉志」三編七

「北宋銅銭 672番」六
美制真書

穴の細道388番 珍
「美制至和」
不  対
至和元宝 広穿真書
北宋四代 仁宗
至和年間
(1054〜1056年)

「符合泉志」初編十

「北宋銅銭675番」十
広穿真書
至和元宝 広穿篆書
北宋四代 仁宗
至和年間
(1054〜1056年)

「符合泉志」初編十

「北宋銅銭676番」十
広穿篆書
至和元宝 広穿大字真書
北宋四代 仁宗
至和年間
(1054〜1056年)

「古泉大全 丙集」六

「北宋銅銭680番」四
広穿降宝真書

和泉 原山一郎師は著書
「北宋奇品銭」て゜
奇品銭として掲載。
至和元宝 広穿小字真書
北宋四代 仁宗
至和年間
(1054〜1056年)

「古泉大全 丙集」十
至和元宝 広穿小字篆書
北宋四代 仁宗
至和年間
(1054〜1056年)

「古泉大全 丙集」十
至和元宝 狭穿真書
北宋四代 仁宗
至和年間
(1054〜1056年)

「符合泉志」初編十

「北宋銅銭682番」十
狭穿真書
至和元宝 狭穿篆書
北宋四代 仁宗
至和年間
(1054〜1056年)

「符合泉志」初編十

「北宋銅銭683番」十
狭穿篆書
至和元宝 陰郭真書
北宋四代 仁宗
至和年間
(1054〜1056年)

「符合泉志」初編九


「北宋銅銭685番」十
陰郭真書
至和元宝 陰郭篆書
北宋四代 仁宗
至和年間
(1054〜1056年)

「符合泉志」初編九

「北宋銅銭686番」十
陰郭篆書
至和通宝
至和通宝 濶縁真書
母 銭
北宋四代 仁宗
至和年間
(1054〜1056年)

「符合泉志」初編十

「北宋銅銭 700番」十
濶縁真書

外径    25.6mm
至輪径  19.4mm
厚さ     1.3mm
重量      4.2g
至和通宝 濶縁真書
通用銭
北宋四代 仁宗
至和年間
(1054〜1056年)

「符合泉志」初編十

「北宋銅銭 700番」十
濶縁真書

外径    24.7mm
至輪径  18.7mm
厚さ     1.0mm
重量      3.2g
至和通宝 濶縁篆書
北宋四代 仁宗
至和年間
(1054〜1056年)

「符合泉志」初編十

「北宋銅銭 701番」十
濶縁篆書
至和通宝 陰起郭真書
北宋四代 仁宗
至和年間
(1054〜1056年)

「符合泉志」三編二

「北宋銅銭 704番」四
隷通真書

「古泉大全 丙集」二位
隷通真書
至和通宝 陰起郭篆書
北宋四代 仁宗
至和年間
(1054〜1056年)

「符合泉志」三編二

「北宋銅銭 705番」三
隷通篆書

「古泉大全 丙集」三位
隷通篆書

穴の細道391番 2
陰起郭の至和
至和重宝
至和重宝 正様 折二 面
北宋四代 仁宗
(1054〜1056年)

「北宋銅銭 710番」四

外径    28.6mm
至輪径  22.4mm
厚さ     1.9mm
重量       7.4g
至和重宝 正様 折二 背
北宋四代 仁宗
(1054〜1056年)

「北宋銅銭 710番」四
至和重宝 折二 面
北宋四代 仁宗
(1054〜1056年)

「古泉大全 丙集」評価なし

穴の細道390番 珍
折二無背の至和

外径    28.5mm
至輪径  21.5mm
厚さ     1.9mm
重量       7.2g
至和重宝 折二 背
北宋四代 仁宗
(1054〜1056年)

「古泉大全 丙集」評価なし


穴の細道390番 珍
折二無背の至和
至和重宝 折三 鉄銭 面

重宝正字広穿

北宋四代 仁宗
至和年間(1054〜1056年)

「両宋鉄銭 104号」四上

外径    35.3mm
至輪径   27.2mm
厚さ     2.8mm
重量      14.6g

今見有重宝大鉄銭及小平
鉄銭、鋳於仁宗
至和年間(1054
〜1056年)。
重宝大銭於陝西路、
初為三銭嘉祐四年
(1059)。

  出土於甘粛、陝西。
於。
至和重宝 折三 鉄銭 背

重宝正字広穿

北宋四代 仁宗
至和年間(1054〜1056年)

「両宋鉄銭 104号」四上

「中國錢幣大辭典
「宋遼西夏金編 北宋巻」
鐵至和重寶・折三・
楷書正字
至和重宝 折三 鉄銭 面

正字広穿 背坊

存在数の少ない銭貨。

北宋四代 仁宗
至和年間(1054〜1056年)

「両宋鉄銭 105号」二上

外径    35.2mm
至輪径   27.1mm
厚さ     2.8mm
重量      12.6g
至和重宝 折三 鉄銭 背

正字広穿 背坊

存在数の少ない銭貨。

北宋四代 仁宗
至和年間(1054〜1056年)

「両宋鉄銭 105号」二上

「中國錢幣大辭典
「宋遼西夏金編 北宋巻」
鐵至和重寶・折三・
楷書背坊
至和重宝 折三 鉄銭 面

長和

北宋四代 仁宗
至和年間(1054〜1056年)

「両宋鉄銭 111号」四上

外径    34.9mm
至輪径   26.6mm
厚さ     3.0mm
重量      14.0g
至和重宝 折三 鉄銭 背

長和

北宋四代 仁宗
至和年間(1054〜1056年)

「両宋鉄銭 111号」四上

「中國錢幣大辭典
「宋遼西夏金編 北宋巻」
鐵至和重寶・折三・
楷書長和
至和重宝 折三 鉄銭 面

仰重

北宋四代 仁宗
至和年間(1054〜1056年)

「両宋鉄銭 115号」三下

外径    34.6mm
至輪径   27.5mm
厚さ     2.7mm
重量      12.6g
至和重宝 折三 鉄銭 背

仰重

北宋四代 仁宗
至和年間(1054〜1056年)

「両宋鉄銭 115号」三下

「中國錢幣大辭典
「宋遼西夏金編 北宋巻」
鐵至和重寶・折三・
楷書正字・正字仰重