尖肩尖足大空首布

西周末期・春秋前期

周王畿地区
つまり洛陽一帯で
多く出土している。
農具の鋤の形から転化
してきたものであり、
柄を挿入する部分が
中空になっている。


本品のデータ

高さ 148mm
最大幅 68mm
最小幅 51mm
重量 31.6g
腹の部分の厚さ 0.7mm
物凄く薄いです。
柄の最大幅17.9mm
柄の最大厚さ16.4mm

中空の柄の中には赤味
を帯びた土が充填されて
います。焼土のようです。
平肩弧足空首布
(方肩空首布ともいう)

春秋前期から戦国前期
(紀元前770年〜 ?  )

98.2mm×51.3mm
29.6g

周を中心とした中原地域で鋳造
斜肩弧足空首布
(方肩空首布ともいう)
((降肩空首布)



春秋前期から戦国前期
(紀元前770年〜 ?  )
より戦国前期?

周都洛陽付近の出土が多い。

本品のデータ

高さ 85.9mm
最大幅 47.4mm
最小幅 38.6mm
重量 28.2g
柄の最大幅12.2mm
柄の最大厚さ10.9mm
韓・魏・趙の三国、
つまり中原地区で流通して
いたのは「布」といい、
農具の鋤の形から転化
してきたものである。

円肩方足布

虞一釿 倒書

魏の鋳幣
戦国時代
(紀元前475年〜225年)
57.2mm×37.8mm
11.8g
円肩方足布

安邑二釿 倒書

魏の鋳幣

戦国時代
(紀元前475年〜361年
64.5mm×40.2mm
26.4g


魏の旧都の安邑で鋳造
された貨幣は
(二釿・一釿・半釿)があり、
「釿布」と呼ぶこともある。

円肩方足布

安邑一釿 正書 背安

魏の鋳幣

戦国時代
(紀元前475年〜361年)
53.0mm×35.7mm
13.6g

円肩方足布

安邑一釿 倒書

魏の鋳幣

戦国時代
(紀元前475年〜361年)
52.7mm×36.7mm
13.4g
円肩方足布

梁正尚百(金)當りつ(周郭)
(リョウセイショウヒャクトウリツ)
(りつ は「埒」のつくり
た゜けの字で釿と同じ意味)
「爰」の字を
あてることもある。

魏の鋳幣
戦国時代
(紀元前339年〜221年)
57.4mm×40.4mm
16.0g
円肩方足布

梁正尚百(金)當りつ(無郭)
(リョウセイショウヒャクトウリツ)
(りつ は「埒」のつくり
た゜けの字で釿と同じ意味)
「爰」の字を
あてることもある。

魏の鋳幣
戦国時代
(紀元前339年〜221年)
57.1mm×40.9mm
14.4g
円肩方足布

梁充(新)釿五二十當りつ
(リョウジュウキンゴニジュウトウリツ)
(りつ は「埒」のつくり
た゜けの字で釿と同じ意味)
「爰」の字を
あてることもある。

魏の鋳幣
戦国時代

(紀元前339年〜221年)
魏の恵王が大梁に遷都
してから魏の滅亡まで
充釿は新釿とも書く場合あり。
61.9mm×40.9mm
31.0g

円肩方足布

梁充(新)釿百(金)當りつ
(リョウジュウキンヒャクトウリツ)
(りつ は「埒」のつくり
た゜けの字で釿と同じ意味)
「爰」の字を
あてることもある。

魏の鋳幣

戦国時代
(紀元前339年〜221年)

銘文の意味は「梁の新しい
釿である。この貨幣百枚は
りつに相当する。」
53.5mm×33.8mm
13.0g

方肩方足布

梁一釿

魏の鋳幣

戦国時代
(紀元前475年〜339年)

55.0mm×35.1mm
14.4g
方肩方足布

梁半釿

魏の鋳幣

戦国時代
(紀元前475年〜339年)

42.8mm×29.4mm
7.1g
楚釿布

旆銭當釿 背十貨
(殊布當釿)

楚の鋳幣

戦国時代
(紀元前475年〜223年)

102.1mm×36.7
35.8g
有耳布



戦国時代 中期

(紀元前475年〜339年)

韓地、宋地の鋳幣

48.0mm×28.2mm
6.0g
大型 尖足布
甘丹

戦国時代 後期

 趙地鋳幣

82.8mm×45.4mm
13.2g
尖足布


55.3mm×22.7mm
6.5g

尖足布

平州 背廿四
58.7mm×29.6mm
6.0g


戦国時代 後期 趙地鋳幣
尖足布

茲氏半
54.9mm×30.7mm
5.6g

尖足布

豕韋(トンイ) 背五
55.1mm×29.7mm
6.6g

戦国時代 後期 趙地鋳幣
尖足布

晋陽
53.2mm×29.5mm
5.7g

尖足布

晋陽半 背十五
53.4mm×30.3mm
6.0g

戦国時代 後期
燕、中山鋳幣
方足布


門構えの中に火の字が
記入してある。
戦国時代 後期 趙の鋳幣
45.6mm×26.9mm
4.6g

方足布

襄垣
戦国時代 後期 趙の鋳幣
46.1mm×28.6mm
6.0g
大型 方足布

安陽
戦国時代 後期 趙の鋳幣

51.5mm×32.3mm
10.2g
方足布

平陽
戦国時代 後期 趙の鋳幣
44.7mm×27.4mm
5.5g

方足布

安陽
戦国時代 後期 趙の鋳幣
47.9mm×30.2mm
5.4g
方足布

梁邑
戦国時代 後期 趙の鋳幣
45.4mm×27.4mm
6.0g

方足布

宅陽
戦国時代 後期 趙の鋳幣

45.8mm×27.4mm
5.2g
方足布

貝丘(斉貝)
戦国時代 後期 趙の鋳幣

44.044.0mm×26.2mm
6.2g

方足布

皮氏

戦国時代 後期 趙の鋳幣

45.6mm×27.3mm
6.2g
方足布

長(長+おおざと)子
(チョウシ)
戦国時代 後期 趙〜韓
の鋳幣
47.9mm×28.7mm
6.2g

方足布

平陰(ヘイイン)
戦国時代 後期 燕の鋳幣
燕の方足布は趙の方足布
より小型なのが多い。
41.5mm×26.3mm
5.0g
方足布

羅平(羅字伝形)
戦国時代 後期 燕の鋳幣
42.8mm×24.7mm
7.9g

方足布

安陽 背異文

背文は「左」に似ている。
戦国時代 後期 燕の鋳幣
44.8mm×30.2mm
9.4g