古圓法・垣字銭
戦国時代 魏国の鋳幣

銭径  42.1mm
厚さ   1.2mm
重量   9.9g

円銭は、周や秦、それから
趙・魏のなかで黄河に沿った
地帯に流通していた。

戦国時代 中後期。
 古圓法・共字銭
戦国時代 魏国の鋳幣

銭径  44.8mm
厚さ   0.8mm
重量    8.4g

戦国時代 中後期
宝六化
戦国晩期 斉の鋳幣

銭径  35.4mm
厚さ   2.0mm
重量    9.8g

穴の細道673番A 1
宝六化
宝四化
戦国晩期斉の鋳幣

銭径  29.1mm
厚さ   1.5mm
重量    4.9g

穴の細道673番B 1
宝四化
一匕
戦国晩期 斉の鋳幣

銭径  2.0mm
厚さ   0.9mm
重量    1.6g

穴の細道7番 2
一匕
宝化
(通称 わらじ虫の宝化)

銭径  23.2mm
厚さ   0.9mm
重量    1.8g

戦国晩期
斉の鋳幣

穴の細道674番 1
わらじ虫の宝化

明匕 その1
大様

銭径   27.6mm
厚さ   0.9mm
重量    3.1g

戦国晩期 燕の鋳幣
明匕 その2

銭径  25.2mm
厚さ   1.1mm
重量    2.9g

戦国晩期 燕の鋳幣
明匕 その3
(通称 目入り)

銭径  24.4mm
厚さ   1.0mm
重量    2.6g

戦国晩期 燕の鋳幣
両畄(りょう し)有輪
正確には(巛+田)の字。
「錙(し)」の字もあてる。

銭径  32.0mm
厚さ   1.8mm
重量    7.9g

「錙六銖也則両錙為十二銖
亦即半両也」
畄は六銖であるから、
両畄では十二銖となる。
また半両と同じ価値。
戦国晩期
中国では三級に位する。