直百五銖

蜀漢 昭烈帝(劉備)
建安19年(214年)

直径: 28.3mm
厚さ: 3.1mm
重量:  9.6g

三国志の劉備玄徳である。
直百五銖 背為
(健為五銖)

建安19年(214年)
益州[牛+建]為所鋳

直径: 28.0mm
厚さ: 2.3mm
重量:  7.3g
太平百銭  その1

蜀 三国早期

直径: 24.6mm
厚さ: 1.6mm
重量:  2.9g

年代には諸説あり。
太平百銭  その2

蜀 三国早期

直径: 17.0mm
厚さ: 1.2mm
重量:  1.0g

年代には諸説あり。
定平一百 その1

(安平一百の説もある)
西晋十六国の成太宗 李雄
晏平年間(306〜310年)
の「晏」字の省文「安」である
との説、
蜀鋳 三国中期 とする説、
など年代にも諸説あり。


直径: 12.0mm
厚さ: 1.0mm
重量:  1.1g
定平一百 その2

直径: 11.5mm
厚さ: 1.0mm
重量:  1.0g
晋五銖(旧称:蜀五銖)

最近では、中国での発掘結果
から蜀よりも後年の
西晋の鋳と考えられている。

直径: 21.7mm
厚さ: 1.5mm
重量:  2.4g
大泉五百

呉 大帝(孫建)

嘉禾5年始鋳(236年)


直径: 28.2mm
厚さ: 1.8mm
重量:  6.4g
大泉当千

呉 大帝(孫建)

赤烏元年始鋳
(238年)〜赤烏9年


直径: 34.0mm
厚さ: 2.4mm
重量:  11.2g
大泉二千

呉 大帝(孫建)

赤烏元年始鋳
(238年)
〜赤烏9年

直径: 32.1mm
厚さ: 2.7mm
重量:  9.6g

本銭は旧譜に不載である。
鋳銭期間がごく
短期間のためか?
また、上記の「大泉当千」
より小型である。
豊貨 小字有郭

後趙 趙王(石勒)
建平元年(330年)

直径: 25.2mm
厚さ: 1.5mm
重量:  3.0g
豊貨 大字

後趙 趙王(石勒)
建平元年(330年)

直径: 23.5mm
厚さ: 1.1mm
重量:  1.8g
縦漢興

後趙 成主(季寿)
漢興年間(338年〜343年)

直径: 17.5mm
厚さ: 0.9mm
重量:  0.9g
四銖

宋三代 文帝(劉義隆)
元嘉7年(430年)


直径: 23.8mm
厚さ: 1.2mm
重量:  3.1g
孝建四銖

宋四代 孝武帝(劉駿)
孝建元年(454年)

直径: 20.4mm
厚さ: 1.0mm
重量:  1.7g
孝建

宋四代 孝武帝(劉駿)
孝建元年(454年)


直径: 15.6mm
厚さ: 0.9mm
重量:  0.4g
南斉五銖

南斉二代 武帝(蕭サク)
永明年間(483〜498年)

直径: 18.0mm
厚さ: 0.7mm
重量:  0.5g

穴の細道246番 稀
斉の五銖
内郭五銖(梁五銖)

梁初代 武帝(蕭衍) 
天監元年(502年)

直径: 25.2mm
厚さ: 1.6mm
重量:  3.0g

穴の細道247番 2
内郭五銖2
六朝五銖

梁初代 武帝(蕭衍) 
天監元年(502〜549年)

直径: 20.5mm
厚さ: 0.8mm
重量:  1.3g
六朝五銖 伝形
面下十字文

梁初代 武帝(蕭衍) 
天監元年(502〜549年)


直径: 21.8mm
厚さ: 1.2mm
重量:  2.1g
稚銭五銖

梁初代 武帝(蕭衍) 
天監元年(502〜549年)
梁代の民鋳銭である。


直径: 23.9mm
厚さ: 1.3mm
重量:  3.1g
太清豊楽 背四道

梁初代 武帝(蕭衍)
太清年間(502年〜549年)
北魏 とする説もある。
珍品

直径: 22.6mm
厚さ: 1.4mm
重量:  2.8g
鉄五金(鉄銭)

年代未祥である。
仮に梁におくが、
一説に蜀銭もあり。

直径: 23.5mm
厚さ: 1.3mm
重量:  2.3g


穴の細道244番 珍
鉄五金
背四道五銖(鉄銭)その1

四出に見える。
梁初代 武帝(蕭衍)
普通4年(523年)

直径: 20.0mm
厚さ: 1.9mm
重量:  3.3g

穴の細道245番 稀
鉄五銖背四出
背四道五銖(鉄銭)その2

梁初代 武帝(蕭衍)
普通4年(523年)

直径: 20.6mm
厚さ: 2.1mm
重量:  3.0g

五銖興趣の原品
1289番
梁 鉄五銖 有郭様
両柱五銖

梁四代 元帝(蕭繹)
承聖年間(552〜 554年)

直径: 23.6mm
厚さ: 1.2mm
重量:  2.3g

穴の細道251番 A 稀
両柱五銖
太和五銖

北魏七代 孝文帝(拓跋宏)
太和19年(495年)

直径: 24.6mm
厚さ: 1.4mm
重量:  2.1g
太和五銖 小様  22.mm

北魏七代 孝文帝(拓跋宏)
太和19年(495年)

直径: 22.2mm
厚さ: 1.3mm
重量:  2.6g
北魏五銖

北魏八代 宣武帝(元恪)
永平3年(510年)

直径: 24.5mm
厚さ: 1.0mm
重量:  2.5g


穴の細道249番A 4
北魏五銖
大統五銖

北朝 西魏初代文帝(元宝炬)
大統6年(540年)始鋳
大統12年 又鋳
北魏五銖に類似する
大様銭(3.7g以上)と小様銭
とがある。
本銭は小様銭か?

直径: 23.7mm
厚さ: 1.3mm
重量:  2.6g
永安五銖

北魏八代 宣武帝(元恪)
永平3年(510年)

直径: 23.9mm
厚さ: 1.8mm
重量:  4.1g
永安五銖 背土字
通称「吉銭」(土+穿の□=吉)

北魏八代 宣武帝(元恪)
 延昌3年(513年)

穴の細道 8番 3

永安五銖の土字

直径: 24.5mm
厚さ: 1.5mm
重量:  2.9g
永安五銖 背四決

北魏十代 
孝荘帝(元子攸)
永安2年(529年)その後
東、西魏続鋳

直径: 24.8mm
厚さ: 1.6mm
重量:  3.6g


穴の細道10番 2
永安五銖 背四出
永安五銖 背四道

東魏初代 孝静帝(元善見)
興和3年(541年)高澄鋳

直径: 23.8mm
厚さ: 1.2mm
重量:  2.7g


穴の細道 9番 2
四道の永安
常平五銖 正様

北斉初代 文宣帝(高洋)
天保4年(553年)


直径: 24.6mm
厚さ: 1.6mm
重量:  4.0g
常平五銖 降平

北斉初代 文宣帝(高洋)
天保4年(553年)

直径: 24.7mm
厚さ: 2.1mm
重量:  4.1g
北周布泉

北周三代 武帝(宇文ヨウ) 
保定元年(561年)

直径: 25.9mm
厚さ: 1.8mm
重量:  3.7g

穴の細道664番A 2
普通品
北周布泉広穿
初期の鋳造

北周三代 武帝(宇文ヨウ) 
保定元年(561年)

直径: 27.1mm
厚さ: 2.1mm
重量:  4.4g

穴の細道664番B 1
広穿
五行大布

北周三代 武帝(宇文ヨウ)
建徳3年(574年)

直径: 28.6mm
厚さ: 2.2mm
重量:  5.2g
五行大布小様

北周三代 武帝(宇文ヨウ)
建徳3年(574年)

直径: 26.0mm
厚さ: 1.5mm
重量:  2.7g
永通万国

北周五代 静帝(宇文衍)
大象元年(579年)

北周布泉、五行大布、
永通万国を北周の
三美銭と称している。

直径: 29.7mm
厚さ: 2.2mm
重量:  6.1g

陳五銖(女銭 メセン)

陳二代 文帝(陳セン)
天嘉3年(562年)

直径: 23.8mm
厚さ: 1.3mm
重量:  2.6g


穴の細道250番A
には女銭五銖と記載。
には
太貨六銖

陳四代 宣帝(陳ギョク)
大建11年(579年)

直径: 25.3mm
厚さ: 1.7mm
重量:  3.5g
置様(オキガタ)五銖
(大統五銖)

隋初代 文帝(楊堅)
開皇元年(581年)

最近では、
西魏五銖銭(大統五銖)
として銭籍が確定した。


直径: 25.3mm
厚さ: 1.3mm
重量:  4.2g

穴の細道250番A 2
置様(オキガタ)五銖
隋五銖

隋初代 文帝(楊堅)
開皇3年(583年)

直径: 21.2mm
厚さ: 1.2mm
重量:  2.4g


穴の細道249番B 6

北周の外戚楊堅が、その
禅譲を受け隋王朝開き文帝
となり、南征をはじめた。
次男の楊広(煬帝)が江南に
渡り、陳王朝は崩れ去った。
白銭五銖

隋初代 文帝(楊堅)
開皇5年(585年)
穴の細道248番 3

二代楊広(煬帝)の政策の
失敗は反乱を招き、部下に
殺害され、
煬帝という不名誉な称号を
残した。

直径: 22.9mm
厚さ: 1.1mm
重量:  2.6g
白銭五銖

大型銭
隋初代 文帝(楊堅)
開皇5年(585年)

直径: 23.7mm
厚さ: 1.1mm
重量:  2.5g


穴の細道248番 3
白銭五銖