正隆元宝 面
通称「行書」正字が四画
に書かれている。
金四代 帝亮(海陵王)
正隆3年(1158年)始鋳


「古泉大全」八

「中国銭幣大辞典 遼西夏金巻」
正隆元寶 小平銭
楷書長寶
正隆元宝 背
通称「行書」正字が四画
に書かれている。

外径   25.0mm
至輪径  21.5mm
厚さ    1.7mm
重量    4.3g
正隆元宝 面
通称「爪正隆」正字が五画
に書かれている。
金四代 帝亮(海陵王)
正隆3年(1158年)始鋳


「古泉大全」は濶正 五

「中国銭幣大辞典 遼西夏金巻」
正隆元寶 小平銭
楷書左出頭粗字

穴の細道395A番 珍
金の爪正隆
正隆元宝 背
通称「爪正隆」正字が五画
に書かれている。

外径   24.7mm
至輪径  20.5mm
厚さ    1.6mm
重量    3.8g
>大定通宝 正様 面
「大定」は「ダイジョウ」と呼称。

金五代 世宗(完顔烏禄)
大定18年(1178年)始鋳

「古泉大全」八
大定通宝 正様 背
「大定」は「ダイジョウ」と呼称。

外径   25.5mm
至輪径  21.3mm
厚さ    1.6mm
重量    3.7g
>大定通宝 小様 面
「大定」は「ダイジョウ」と呼称。

金五代 世宗(完顔烏禄)
大定18年(1178年)始鋳

「古泉大全」八

「中国銭幣大辞典 遼西夏金巻」
大定通寶 小平銭
楷書粗字濶定
大定通宝 小様 背
「大定」は「ダイジョウ」と呼称。

外径   24.0mm
至輪径  20.4mm
厚さ    1.0mm
重量    2.9g
大定通宝 繊字 面

金五代 世宗(完顔烏禄)
大定18年(1178年)始鋳

「中国銭幣大辞典 遼西夏金巻」
大定通寶 小平銭
楷書短寶


穴の細道526B番 6
繊字の大定
大定通宝 繊字 背

外径  25.4mm
至輪径  21.2mm
厚さ    1.6mm
重量    4.0g
大定通宝 痩金体 面

金五代 世宗(完顔烏禄)
大定18年(1178年)始鋳

「中国銭幣大辞典 遼西夏金巻」
大定通寶 小平銭
楷書三角通

穴の細道527B番 7
痩金体の大定
大定通宝 痩金体 背

外径   25.0mm
至輪径  21.8mm
厚さ    1.2mm
重量    3.1g
大定通宝 痩金体狭穿 面

金五代 世宗(完顔烏禄)
大定18年(1178年)始鋳

「中国銭幣大辞典 遼西夏金巻」
大定通寶 小平銭
楷書長寶


穴の細道527B番 7
痩金体の大定
大定通宝 痩金体狭穿 背

外径   25.4mm
至輪径  22.0mm
厚さ    1.5mm
重量    3.9g
大定通宝 長大字 面

金五代 世宗(完顔烏禄)
大定18年(1178年)始鋳

「古泉大全」捌

「中国銭幣大辞典 遼西夏金巻」
大定通寶 小平銭
楷書鐵範銅銭狭寶


穴の細道530番 珍
長字の大定
大定通宝 長大字 背

外径   23.6mm
至輪径  21.5mm
厚さ    1.4mm
重量    3.5g
大定通宝 背上申 面

金五代 世宗(完顔烏禄)
大定18年(1178年)始鋳


「古泉大全」捌

「中国銭幣大辞典 遼西夏金巻」
大定通寶 小平銭
楷書背上申粗字

穴の細道528A番 6

大定背申
大定通宝 背上申 背

外径   24.4mm
至輪径  20.2mm
厚さ    1.1mm
重量    3.1g
大定通宝 背上申 退チャク 面

金五代 世宗(完顔烏禄)
大定18年(1178年)始鋳

「中国銭幣大辞典 遼西夏金巻」
大定通寶 小平銭
楷書背上申狭通
大定通宝 背上申 退チャク 背

外径   24.8mm
至輪径  21.0mm
厚さ    1.9mm
重量    4.7.g
大定通宝 背上申 コ頭通 面

金五代 世宗(完顔烏禄)
大定18年(1178年)始鋳

「古泉大全」四 小字背申

「中国銭幣大辞典 遼西夏金巻」
大定通寶 小平銭
楷書背上申方頭通

穴の細道529番 1
大定通宝 背上申 コ頭通 背

外径   24.7mm
至輪径  20.9mm
厚さ    1.7mm
重量    3.9g
大定通宝 背下申 面

金五代 世宗(完顔烏禄)
大定18年(1178年)始鋳

「古泉大全」六

「中国銭幣大辞典 遼西夏金巻」
大定通寶 小平銭
楷書背下申大字

穴の細道528B番 6
大定背申
大定通宝 背下申 背

外径   25.3mm
至輪径  21.3mm
厚さ    1.4mm
重量    4.1g
大定通宝 背上酉 面

金五代 世宗(完顔烏禄)
(1178年)始鋳

「古泉大全」七

「中国銭幣大辞典 遼西夏金巻」
大定通寶 小平銭
楷書背上酉短尾大

穴の細道528B番 6
大定背申
大定通宝 背上酉 背

外径   25.0mm
至輪径  21.6mm
厚さ    1.3mm
重量    3.2g
大定通宝 背下酉 面

金五代 世宗(完顔烏禄)
(1178年)始鋳
二引きの酉である

「古泉大全」六

「中国銭幣大辞典 遼西夏金巻」
大定通寶 小平銭
楷書背下酉濶寶

二穴穴の細道528B番 6
大定下酉
大定通宝 背下酉 背

外径   25.5mm
至輪径  21.0mm
厚さ    1.3mm
重量    3.4g
泰和重宝 当十大銭狭和 面
金 泰和4年
(1204年)始鋳

「古泉大全」三

「中国銭幣大辞典 遼西夏金巻」
金代貨幣・章宗朝銭
泰和重寶 折十
篆書長重

俗に印判手の泰和
といわれている。
玉ちょ篆という書体で
党懐英の書といわれる

金六代 章宗(完顔吾睹補)
泰和4年(1204年)始鋳
泰和重宝 当十大銭狭和 背


外径   45.4mm
至輪径  41.9mm
厚さ    2.2mm
重量    16.4g
阜昌重宝 当三真書 面

斉 劉予
阜昌年間
(1130〜1137年)鋳

「古泉大全 丙集下」
『齊』に記載

「中国銭幣大辞典 遼西夏金巻」
金代貨幣・劉予銭
阜昌重寶 折三銭
楷書濶阜
阜昌重宝 当三真書 背

金は宋に攻め込み、
中国人劉予を斉国帝王に
立てた。
この傀儡国家により漢民族
を間接支配する政策を
とった。しかし、斉国は
わずか8年で廃止された。

外径   34.5mm
至輪径  31.4mm
厚さ    1.8mm
重量     9.3g
阜昌重宝 当三篆書 面

斉 劉予
阜昌年間
(1130〜1137年)鋳

「古泉大全 丙集下」
『齊』に記載
重寶 最大

「中国銭幣大辞典 遼西夏金巻」
金代貨幣・劉予銭
阜昌重寶 折三銭
篆書濶阜
阜昌重宝 当三篆書 背

外径   34.5mm
至輪径  30.8mm
厚さ    2.0mm
重量    11.8g